神 輿 深 川

お神輿に肩を入れ、通常の掛け声は「わっしょい」ですが、途中に”揉み、差し”を行うポイントがあります。おおまかなポイントをまとめますので、ご覧ください。
※動画もあります。

①”揉み、差し”のポイントでは、お神輿の向きが変わります。
 御仮屋の場所、水掛けの場所、総代の方、町会長、祭礼に携わる方々が立っている場所など
 がポイントとなります。
②周りにいる睦会を見ますと、指一本のサインを出します。
 これが ”揉み、差しします” の合図です。
※お神輿を上げ下げするため、女性の方はその場だけ、男性に変わっていただきます。
③笛が”ピー!!”と鳴ったら、
 『今まで担いでいた棒から、肩を外してください』
 『両手で担ぎ棒を、上げ下げします。』
 ※富岡一丁目では、3回揉みます。
 ※もー で上げ、め で下げます。
④4回目はお神輿を高く差し上げてください。棒を『差せ!と言って』で叩いてください。
⑤次の長い笛でまた、「わっしょい」に戻ります。

天皇皇后両陛下ご観覧写真

睦会の活動写真

総代、関係者の写真

差し上げ写真

水かけ写真

わっしょい、揉め、差せ




Copyright : 2015 tomiichimutsumi All Rights Reserved

写真提供:黒田敏之写真事務所http://kurota.net

富一睦会 会長 佐藤 真樹

Facebook公開グループ :富一睦会  

最新ブログ

2018年

4月10日

富一睦会でもブログを始めることになりました。宜しくお願いします。